コストはかかってもオフィス家具は新品で揃えるべき理由


全てを揃えると、とても大きな金額になってしまうオフィス家具。新しいものばかりを用意すると費用がかかりすぎてしまうことから、今は中古の家具を購入する人も増えています。しかし、真新しい家具には中古のものにはない良さもあります。コストの面ではかないませんが、それでも中古ではなく新品のオフィス家具を購入するメリットについてご紹介します。

まずもっとも大きなメリットは、当然ですが一度使用されたことのある中古のものよりも壊れにくく、長く使えるということです。傷や経年劣化もないので、修理や補修の手間も抑えることができます。その修理などについても、新製品であれば、中古品よりも手軽に行うことができます。中古品の中には既に生産が中止されていたり、対応する部品は取り寄せなければいけないモデルのものも多くあります。

そういったものとくらべると、発売されてからあまり時間の経っていない新製品のほうが修理等も簡単に、ローコストで行えます。中古品では、一度購入しても修理するのがむずかしく、使用をあきらめなければいけないケースも考えられるということをふまえれば、新しい物に投資することでその後の出費を抑えるほうが賢い選択といえる場合もあるでしょう。もうひとつのメリットとしては、新しいものを揃えることによる精神面への影響です。

オフィスを新しく構えるということは、新たなビジネスを立ち上げたり、事務所を引っ越して心機一転がんばろうとしていたり、そういった決意を伴っている場合が多いはずです。そのようなときには、できれば中古品ではなく真新しい家具や調度品を揃えてすっきりとした気持ちで仕事に取り組んでいきたいと考えるのも当然のことです。少し値は張るかもしれませんが、その費用の分も一生懸命がんばろうと気合が入ることもあるでしょう。

社員の士気もより高まるのではないでしょうか。最近では、新品の家具でも、まとめて買うときなどはメーカーによってはある程度の値引きも期待できます。中古品の安さには追いつきませんが、質がよくあまり値段の下がらないものとくらべるとむしろコストパフォーマンスがよくなる場合も。そういったメーカーを利用してコストを抑えていけば、それなりの費用で全て新しいものに揃えることも可能でしょう。安い値段は魅力的ですが、それ以外の部分も検討して、どんな家具を購入するかの参考にしてみてください。