新品にするか中古にするか


毎日仕事で使うものだからこそ、デスクや机その他のオフィス家具は快適で使いやすいもの、また機能性があるものを選びたいと思うはずです。心機一転新しい物件に引っ越す際、または事業を始めたり、人員が増えたため設備投資を行わなければいけないという状況の際にはインテリアやファニチャーも変化させる必要があるのです。

もちろん最近では中古販売も普通になっており、新品よりもかなりお手軽な値段で購入することができるのですが、中古のものに関しては、やはりそれなりにデメリットがあるようです。例えば耐久性と寿命に関しては、誰も保証することができません。

ほとんどの場合保証期間などが過ぎたものでしょうし、当然リフレッシュのためにきれいに掃除されていたり塗装されていたりして、外見はきれいだとしても、使えば使うほど老朽化していくのは当然のことです。

中古で安く購入したものは、もしかしたら長期間の使用や移動などで耐久性が損なわれていることがあり、急に使用できなくなるといったこともなくはないようです。そうなるとせっかくコスト削減を考えていたのに、短期のみの使用となってしまうため結果的に高く付いてしまいます。

また新品のものと中古の物のおおきな違いは、購入することができる数です。リサイクルの製品は数に限りがあるため、どれだけ気に入ったとしても必要な数がない場合もあります。そのため色んな販売店などを探さなければいけなかったりして、手続きも面倒ですし、同じものでも購入した場所によって痛み度が違ったり、値段も違ったりすることがあります。

またデスクの引き出しの鍵がちゃんと機能するのかなどセキュリティー面でも不安要素はあるのです。中古製品のほうが安いという先入観があるかもしれませんが、最近では新品のオフィス家具もまとまった数を購入すれば、中古のものよりも安くなる場合もあるようですので、購入を急ぐことなく、まずはしっかりと下調べして比較したうえで決定するのが一番でしょう。