廃棄してしまう前に買取に相談


事務所移転や改装など、会社の拡大もしくは縮小によって使用しているオフィス家具の処分などに困っている会社も多いのではないでしょうか。また最近ではスタイリッシュな感じや流行りを取り入れたファニチャーを取り入れることで、オシャレな会社づくりを目指しているところもありますが、一見時代遅れと思われるような設備の貰い手が見つからないという場合もあります。

すべて粗大ごみへ廃棄するというのももったいないですし、1個2個の数ではないため、多くの会社は処分のためにリサイクルするという方法を選びます。オフィス家具の買取をお願いする際にネット最初に目に入った会社に頼んでしまうと、結局受け取ってもらえない場合もあることを覚えておきましょう。

その理由が業務用リサイクル店の中には、大型の倉庫を持ちあわせていないところもあるため、もしも大量のデスクや椅子または大きなロッカーや物置などを引き取っても保管できないということがあるのです。もちろん見積もりに来てもらう際にどれくらいの量があるのかは説明を求められるとは思いますが、HPなどのチェックの際に大量引き取りをしているかどうかも調べてみましょう。

またオフィス家具の状態によっては買取を拒否される場合もあります、基本的に家具を引き取った後、業者はリフレッシュのために修理や補修などをして、購入者に提供していきます。しかし、あまりにも状態がひどくて補修できないもの、または専門的な精密機器で買い手が見つからなさそうなものは引き取りを渋られることも有ります。ですので、お金を支払ってもらわないにしても廃棄だけでもしてくれるのかどうか聞いてみましょう。

会社によってはリサイクルできないとみなされたものでも、数が多かったりサイズが大きくて、自分たちではどう処分していいのかわからないものも運びだしてくれるサービスも提供しています。無料査定や無料相談などを数社と行ってみて、条件に合うところに依頼してみましょう。