オフィス家具は新品・中古品、どちらがお得?


オフィス家具を選ぶ際、一番気になるのが値段ですよね。自宅の家具と違い、まとまった数が必要になりますので、その費用もかなり大きなものになってしまいます。イニシャルコストを抑えるために、中古品を利用される方はとても多いようですが、新品と中古品、それぞれのメリット、デメリットはどのようなものがあるのでしょうか。

○新品
<メリット>
・最新のもので、最高のオフィス環境を整えることができる オフィス家具は、長時間座って作業する方向けのオフィスチェアなど、さまざまな用途に特化した新製品がどんどんでてきています。 新品で揃えれば、心身ともにより快適なオフィス環境を整えることができるでしょう。
・まとまった数の購入で、メーカーによっては大幅値引きが期待でき、中古品よりも安くなる可能性がある 中古だから新品よりも必ず安くなるとは限りませんので、まずは見積もりをとってみましょう。 新品も中古品も取り扱っている会社を利用すると、より簡単に相見積もりをとることができるのでオススメです。
・保証がしっかりついているので安心 イニシャルコストはかかってしまいますが、長く安心して使えるので、長期的に考えるとお得になる可能性があります。
<デメリット>
・高額な費用がかかる場合が多い 新品唯一のデメリットです。 事務所の立ち上げや、移転の際には家具の他にも多くの必要経費がかかるので、抑えられるコストはできる限り削減していきたいですね。

○中古品
<メリット>
・費用が抑えられる 定価よりもかなり安く手に入るため、新品で揃えるのに比べて半分ほどの費用で抑えられる可能性があります。 現在では、有名メーカーの定番商品から高級ブランド家具までさまざまなものが出回っているので、オフィスで必要なものの多くを中古品で揃えることができます。 中古品の中には未使用のもの、ディスプレイのみに使用されていたものなど状態のいいものもありますので、しっかりと確認し、良いものを安く手に入れたいですね。
<デメリット>
・耐久性の不安 物は、必ず劣化していきます。 イニシャルコストを抑えられても、メンテナンスなどの費用が余計にかかる可能性があるので、状態の見極めをしっかりとした上で購入しなければなりません。 デスクであれば、収納部分がスムーズに動くか、応接用であれば特に、塗装は剥げていないか、傷や割れなどははないかといった細かなチェックが必要です。 椅子は、ローラーなど可動部分が動くかどうか、座ってみて軋みはないかなどの確認しましょう。 安いものは欠損している可能性が大きいので、実際に状態を確認できないような場合は避けた方がいいかもしれません。
・まとまった数を揃えるのが難しい 中古品は、それぞれの品物によって状態も在庫数も違いますので、必要数が多い場合には揃えるのが難しいことがあります。このように、それぞれにメリット・デメリットがありますので、どちらで揃えるかは費用や在庫状況などにもよることでしょう。

しかし、ウォーターサーバーなど食品に関するものは衛生面から、金庫などはセキュリティの面から、新品で揃えることをオススメします。また、どちらで揃えても構いませんが、特に念入りに状態の確認をしたいのは応接用の家具です。お客さまに見られるところは、企業の印象を左右しますので、しっかりとチェックしていきましょう!

どちらがお得かは、その時の在庫状況や商品の状態、必要数などによって変わってきますので、しっかりと確認をすること、相見積もりをとるなどのちょっとした手間を惜しまないことが大切なのかもしれません。あなたのオフィスに最適な家具を、最適な価格で見つけられるといいですね!